東京大学卒業のみんなの党所属議員と民主党を離党した議員

東京大学卒業のみんなの党所属議員と民主党を離党した議員

大幅に議席を失ったことで、民主党を離党して別の党へ移る議員も続出しました。民主主義は数なので、数を持たない民主党を見捨てたくなる気持ちもよく分かりますが、あまり政党をころころ変えていると新しい党に行っても信頼されることはなくなるので、政治家としての理念が逆境のときにこそ問われるのかもしれません。健康上の理由や年齢を理由に議員を引退した人もいます。みんなの党は民主党が議席を大幅に失う中で、議席を18席に伸ばしました。

民主党を離党した人

小林興起(元:衆議院議員)
…日比谷高等学校卒⇒法学部卒業⇒通商産業省へ入省⇒1982年退官⇒当選回数5回。2012年⇒民主党離党
楠田大蔵(元:衆議院議員)
…久留米大学附設中学・高等学校卒業後、2浪を経て法学部卒業⇒住友銀行入行⇒議員秘書を経て2003年出馬で初当選⇒2012年落選⇒2013年民主党離党。
岡田康裕(元:衆議院議員)
…工学部卒業⇒ハーバード大学院にて修士課程終了。2003年初出馬⇒落選⇒2009年初当選⇒2012年落選⇒離党。
横粂勝仁(元:衆議院議員)
…法学部卒業・司法試験合格⇒2009年衆院選で復活当選。⇒2011年民主党離党⇒2012年衆院選落選。
鈴木寛(参議院議員)
…灘高等学校⇒法学部卒業⇒通商産業省へ入省⇒1999年退官⇒慶応義塾助教授に就任⇒2001年民主党で初当選。当選回数2回。⇒2013年の選挙で落選⇒民主党離党。
山口壮(元:衆議院議員)
…法学部卒業⇒外務省入省⇒1989年ジョンズ・ホプキンズ大学博士号取得⇒1996年初出馬で落選⇒2000年初当選、当選回数4回。⇒2013年民主党離党。
小沢鋭仁(衆議院議員)
…法学部卒業⇒埼玉大学院で政治学修士号取得⇒東京銀行入行⇒1993年日本新党で出馬初当選。現在日本維新の会の議員。当選回数7回。川村秀三郎(元衆議院議員)…法学部卒業⇒農林水産省入省⇒2007年宮崎県地事選出馬、落選⇒2009年衆院選出馬で初当選。2012年落選⇒民主党離党
平野達男(参議院議員)
…農学部卒業⇒農林省入省⇒アイオワ州立大学修士号取得⇒2001年参議院出馬、初当選、当選回数3回⇒2013年民主党離党⇒除籍

議員を引退した人

沓掛哲男(参議院4期・衆議院議員1期):引退
…工学部卒業後、建設省入省。1986年初当選。2009年に当選。この当選は最高年齢での当選になる。2012年の選挙には出馬せず引退。
松井孝治(元:参議院議員)
…⇒教養学部在学中、上級職I種主席で合格⇒1993年通商産業省へ入省⇒1990年ノースウエスタン大学経営大学院でMBA取得⇒2001年初当選、当選回数2回。2012年引退表明⇒慶應義塾大学総合政策学部教授。
松宮勲(元:衆議院議員):引退
…経済学部卒業⇒通商産業省入省⇒ケンブリッジ大学留学⇒1996年衆院選初当選、当選回数3回⇒2012年落選、引退表明。
藤井裕久(元:参議院議員、衆議院議員):引退
…法学部卒業⇒大蔵省入省⇒1976年大蔵省主計局主計官を最終役職に退官⇒1997年初当選、衆議院当選回数7回、参院当選回数2回⇒2012年引退。
滝実(元:衆議院議員):引退
…日比谷高校⇒法学部卒業⇒自治省官僚⇒1996年初当選⇒当選回数5回⇒2012年引退表明。

東大卒の国会議員~みんなの党編

浅尾慶一郎(衆議院議員)
…栄光学園高等学校⇒法学部卒業⇒日本興業銀行入行⇒スタンフォード大学でMBA取得⇒1996年初出馬、落選。1998年参院選で初当選、参院で2回、衆院で当選回数2回。
上野宏史(参議院議員)
…開成高等学校卒業⇒経済学部卒業⇒通産省入省⇒ハーバード大学院修士⇒2010年参院選出馬、初当選、当選回数1回。
江田憲司(衆議院議員)
…法学部在学中に司法試験合格⇒法学部卒業⇒通商産業省入省⇒2000年衆院選で落選⇒2005年衆院選初当選、当選回数4回。
柿沢未途(衆議院議員)
…麻布中・高等学校卒業⇒法学部卒業⇒NHK入局⇒父柿澤弘浩の秘書⇒2009年初当選、当選回数2回。
林宙紀(衆議院議員)
…教育学部卒業⇒ソニー入社⇒フリーアナウンサー⇒2012年衆院選んで比例ブロックで復活当選、当選回数1回。